いつもイキイキ通信 – 森友問題より議論すべきことがある

thumbnail of いつもイキイキ通信 第二号 2017年4月

 

与野党の限界が日本の政治を愚かにする

学校法人「森友学園」の籠池(かごいけ)泰典理事長(退任を表明)が3月23日、参院予算委員会で証人喚問に臨みました。証言内容として注目されているのは主に2点。一つは、安倍晋三首相の夫人・昭恵氏から「安倍晋三からです」といって、100万円の寄付を貰ったということ。もう一つは、小学校新設のための土地を、政府から、鑑定価格の7分の1という格安で買えたことについて、「財務省に多少の動きをかけていただいた」「政治的関与あったと認識している」と語ったことです。今回のニュースについて一言で言えば、「与党も野党も、限界に来ている」ということです。まず、今回の証人喚問が行われたのは、「予算委員会」です…

続きは PDFにてご覧ください。